ジュークボックス ROCK-OLA 470タイプ

コインを入れればたちまち70年代へタイムスリップ! そんな“魔法の機械”米国製ジュークボックスを設置しました

1977年製のジュークボックスです

ジュークボックスとはなんぞや?と云われる若い方もおられるわけですが、広辞苑には『硬貨を入れ、前面に記された好みの曲目のボタンを押すと、自動的にそのレコードがかかる演奏装置』とあります


ジュークボックスに使用するレコードはシングル盤と呼ばれる17センチのもの。回転数は毎分45回転で片面毎に3~4分の音楽が収録されています
その形状から“ドーナツ盤”と呼ばれたりもします
ドーナツ盤


ジュークボックス内にはこのような状態で収納されています
じょうじあんの機械には80枚(表裏で160曲)のドーナツ盤が入っています ジュークボックス内部1

お客様が選んだレコードをこのターンテーブルに載せ、自動的に演奏します

そして演奏が終われば自動的にもとあった場所へと収納します
ジュークボックス内部2

アメリカでは戦前から様々な自動演奏機が考案されてきたようですが、我が国へは戦後の進駐軍によって持ち込まれ70年代までのレコード黄金時代を支えた立役者!

アメリカでは、50年代、製造されたドーナツ盤の四分の三がジュークボックス向けだったとか・・・・

そんな、懐かしいドーナツ盤の音色を、ビール、ウヰスキー、あるいはワイングラス片手にお愉しみくださいませ

【ジュークボックス演奏料】 1プレイ ¥100. (新設記念としまして8月末までは2プレイ ¥100.)